【韋駄天の言葉の由来】

仏教の始祖であるガウタマ=シッダールタ(またはゴータマ=シッダッタ)・【釈迦の事】が出る前のインドの韋駄天は バラモン教の神で

仏教に取り入れられ、仏法の守護となった神である。

仏舎利を盗んで逃げた鬼・捷疾鬼(ショウシツキ)を追いかけて取り戻したことから、韋駄天は足の速い神とされる。

そこから転じて 足の速い人を言い、非常に速く走る事を「韋駄天走り」と言う。

 

【嘉納の由来】

古代の荘園には 税を免除された加納田(カノウデン)と云うのもあり、その地名が諸国にありました。
後にそれらが庄となったり、郷となり、加納庄、加納郷となった所がありました。
河内国石川郡、若江郡に加納庄あり、又、美濃に加納郷あり。
三河、甲斐、伊豆(加茂郡)、武蔵、岩代、越中、播磨、紀伊などに加納の地名有り。
それらの地名或いは ゆかりを以って加納、或いは 嘉納を称したものと思われます。
江戸時代までは 嘉納は加納に通じ用いられました。家によっては 叶とした家もあった事でしょう。
嘉納治五郎の古代までのルーツは神のみぞ知るところです。 
嘉納治五郎の祖父が生まれた場所は 近江国と云う説もあります。
尚、治五郎の功績は 講道館を創設したり、東京高等師範学校(東京教育大学、現 筑波大学)等の校長を勤め、
教育者としても立派であり、東洋初の国際オリンピック委員会(IOC)の委員となる等 
スポーツの振興にも尽力したことは 皆の知るところです。

【金栗のルーツ】

福岡県みやま市瀬高町小川に金栗遺跡があります。
遺跡年代は古墳時代後期から鎌倉時代前期。
平成の現在、みやま市瀬高町小川字西金栗として小字名があり、江戸時代 ここに金栗村がありました。
また、 柳川市に金栗と云う地名があります。その遺跡をルーツにしているものと思われます。
金栗四三の先祖は その筑後国からいつの時代か 定かではありませんが肥後国に移ってきたものと思われます。
詳しくは神のみぞ知るところです。 

【田畑のルーツ】

田畑は地名になっている所でも全国には50か所以上あり、全国には地名になっていない田畑は無数にあったことから
田畑氏の千年前の先祖は神のみぞ知るところです。

 

近 現代の事は NHKの大河ドラマが詳しいものと思います。

 

 

 

 

*  病院で治らないガンを治すサイトへ

* 患者を救い国を救うサイトへ

 

NHKの大河ドラマ いだてん

過去のNHK大河ドラマ

* 西郷どん

井伊直虎

真田丸

花燃ゆ

黒田官兵衛

八重の桜

平清盛

坂本龍馬/ペリー来航

天地人・直江兼続

篤姫

風林火山

功名が辻

義経

新選組

宮本武蔵

利家と まつ

北條時宗

葵三代

元禄繚乱


名字の最初に戻る