真田幸村の南蛮蛮鎧の複数のニセ物

 

平成11年上田市で展示 平成28年 大阪の大丸で展示

、胸元、腹、足、皆違う、色も違う。こんなに 2つも 3つも 業者から買ったのです、400年の古さがない。仙台真田氏の先祖の親は 幸村ではなく、政信である。

杉並区成田東に在住の仙台真田氏の子孫が上田市、池波正太郎記念館、大丸、蔵王町、テレビ局、出版社等を騙してしまったと言う事です。400年も前の物は
ちょっと触っただけで パラパラと崩れてしまいます、采配などは 振っただけで 根元から壊れます。
あっちこっちと 場所を変えての展示は 出来ません。
なのに、幸村の子孫を称する人の物は 信州 大阪、蔵王町など 複数の所に貸し出されました。
これは 幸村所用の物でなく 昭和の時代の物だからです。要するに 偽物を展示したという事です。これは犯罪です。
しかも、子孫も 偽者なのです。偽者を擁護することも犯罪です。

そもそも幸村は死んで 持ち帰ってもいないし、信州眞田の本家にも無い南蛮鎧などが車のない時代に大阪から遠く離れた仙台にあるはずがないのです。
例えば 左の画像の足元にある采配は 幸村が死んだ時に所持していた采配です。死んだ人が持ち帰れないと言う事は 小学生でもわかる事です。

本物は 福井県の市立郷土歴史博物館にあります。幸村を打ち取った福井藩士 西尾仁左衛門が持ち帰ったのです。

尚、大河ドラマ真田丸を放映する事が決まり、研究が進み、「2016年 NHK大河ドラマ 特別展 真田丸」(江戸東京博物館・上田市立美術館・大阪歴史博物館)では、
仙台真田氏は 信繁(幸村)の直系ではないとして、仙台真田氏関係の資料は一切使われませんでした。

その子孫が2015年11月に発行した「 直系子孫があかす・真田幸村の真実」と言う本は 真実とは ほど遠く デタラメが多い。
この事により 信州の真田の正史や片倉代々記、伊達世臣家譜、仙台叢書などの貴重な古文書が間違っていると思わせるに至っているのです。

特に大坂の大丸で ニセの南蛮鎧を有料展示した事は 犯罪です。兜を比較する。  槍や刀ニセ物

350年前の鎧でも この古さがある、400年となると もっと 古びているはずです

探しています、2016年 大阪大丸の真田幸村展を観た方を。所定の紙に記入するだけで 10万円差し上げます。2021年6/1。
沈黙は共犯だ バイデン大統領の言葉、  当サイトの藤原にメールする

見に行かれた方、今こそ 正義感を発揮する時です、何の心配もありません。また、秘密は守られます。公になることも ありません。

仙台真田氏の始祖 守信が幸村の子でない理由

真田幸村展(平成11年・上田市博物館)時のパンフレットの内容の一部へ

真田丸の最初に戻る


名字の最初に戻る