ど う す る 家 康

家康が決断を迫られた代表的な出来事                                                          * 当ページは クロムでなく、エッジで ご覧になると 見やすいです。

年代 年齢 出    来   事 等
1543年(天文11年)12/26   家康の誕生・松平竹千代(幼名)→ 元信(初名) → 元康 → 家康 → 徳川家康
1560 (永禄3年)5/19 17 桶狭間の戦い(尾張国知多郡桶狭間での織田信長軍と今川義元軍の戦い)、この時 松平元康は 今川側として戦った。
     
1563(永禄6年から半年) 20 三河一向一揆(浄土真宗の本願寺門徒と松平家康が戦った戦で 家臣の多くが門徒方に与するなど、家康に宗教の恐ろしさをまざまざと見せつけた)
     
1573(元亀3年)12/22~ 30 三方ヶ原の戦い
     
1579(天正7年)9/15 36 信康(長男)の処断
     
1582(天正10年)6/2 39 本能寺の変による伊賀越え
     
1584(天正12年)3月~11月 41 小牧長久手の戦い
     
1585(天正13年) 42 石川数正の出奔
     
1590(天正18年)2月~7月 47 小田原攻めと関東移封
     
1600(慶長5年)9月~ 57 関ケ原の戦い
     
1614(慶長19年~20年) 71 大坂の陣
     
     

徳川十六将とは             ①~④は 徳川四天王。

①酒井 忠次 -徳川四天王の一人でもある。その子 家次-忠勝┬忠当(子孫 出羽鶴岡へ)家紋 丸に鳩酸草、明治 伯爵、
                              └忠恒(子孫 羽前松山へ)家紋 隅入り平角に鳩酸草

②本多 忠勝、その子 忠政┬忠刻
            │  ┌=政勝(三河岡崎へ)子孫 明治 子爵、家紋 一本杉、丸に立葵、本の字、丸に本の字
            ├政朝┼政長
                │   └政信(播磨山崎へ)
            └忠義┬忠平(大和郡山へ)
    
           ├忠以(磐城泉へ)
     
          ├忠晴
      
         └忠常

③榊原 康政、その子 康勝=忠次-政房-政倫=政邦-政祐=政峰-政永-政敦-政令-政養=政愛=政敬-政和-政春 越後高田十五万石 家紋 車輪、九曜、明治 子爵

④井伊 直政、その子
直孝┬直滋
  ├直寛
  ├直時-直興
  └直澄=直興┬直通=直恒=直興(再承)=直惟┬直定=直禔=直幸┬直富
          ├直恒             ├直禔      ├直中-┬直亮=直弼(大老)-直憲-直忠 彦根二十五万石、明治 伯爵、家紋、橘 旗幕紋 井桁
        
├直矩              ├直賢      ├直広 ├直元
        
├直惟             └直幸      └幸専 └直弼
        
└直定   
         

 

⑤松平 康忠、長沢松平家8代当主。徳川家康の従弟 、その子 康直、故ありて家を継ぐ事を得ず。嫡流断絶す。家紋、花丁子。

⑥平岩 親吉、甲斐国郡代 一万三千石、後 尾張清洲 十二万三千石を領す。 家紋、丸に張弓、丸に結雁金。

⑦大久保 忠世、小田原城主、その子 忠隣-忠常-忠職=忠朝-忠増-忠方-忠興-忠由-忠顕-忠真-忠修-忠殻=忠礼=忠良-忠礼(再)-忠一-忠言、
       相模国小田原十一万石
家紋 上り藤の内に古文字の大の文字 明治 子爵

⑧ 大久保 忠佐、忠世の弟(沼津城主)、忠佐が77歳で死去すると、沼津藩は無嗣により断絶となった。

⑨蜂屋 貞次、永禄6年(1563年)、小坂井の戦いで今川氏と戦って武功を挙げたが、一向一揆が起こると、一向宗の宗旨に従い、家康に背いてしまった。
         その後、家康に降伏し、罪を許されて再び家臣となった。その後、吉田城攻めに参加して戦死(26才)。

⑩内藤 正成、その子 正貞正重正吉(武蔵国栢間村等で 5700石 幕末の14代正從まで続いた。)

⑪高木 清秀、三河国碧海郡高木城に拠る。以後 代々続きて、明治 子爵 河内丹南 一万石、 家紋 丸に打違鷹羽、万字。

 ⑫服部 正成、「半蔵正成は、数度の旧巧を顕わし、伊賀の国 服部の一族はじめ、数多 御当家に召し出され、皆 半蔵が一隊の指揮に属せらる。
          然れども 、故有りて、隊士の為に横死し、その子 石見守(正就)も又 御勘気を得て、久松の松平隠州の家に召預けられ、子孫 終に久松家の長臣となれり」と。

⑬鳥居 元忠、その子 伊賀守忠政-忠恒-忠春-忠則-忠英-忠瞭-忠意-忠求-忠照-忠威-忠擧-忠宝-忠文 下野壬生 三万石 家紋 竹に雀 鳥居 鶴の丸、明治 子爵

⑭鳥居 忠広、上記 元忠の弟、 三方ヶ原の戦いで戦死。子孫は小田原藩の大久保氏の家臣となって存続した。

⑮米津 常春 、その子 正勝、罪有りて斬罪に処せられたが、常春の弟 政信の子孫は 武蔵国久喜(一万五千石)、その後、上総の大網、後、
          寛政十年、出羽国村山郡長瀞 一万五千石、明治 子爵、家紋、十一枚葉の棕櫚(シュロ)

⑯渡辺 守綱、その子 重綱、子孫繁茂し、和泉伯太、一万三千五百二十石、明治 子爵、家紋  丸に三星一文字、日の丸三本骨の三扇

 

* 系図中の二本棒(=)は イコールではなく、養子を意味します。

 

元気に百歳を可能にする遺伝子ミネラル

* コロナウイルス対策

* 尖閣諸島の真実

 

 

NHKのどうする家康

 

過去のNHK大河ドラマ 


ルーツ発見 名字の由来の最初に戻る